人気ブログランキング |

体のねじれ


都市封鎖の期間中、自宅待機で時間に余裕が

できて、新しいことを始めた人も多いはず。

患者さんの中にはYouTubeを見て

ヨガやストレッチをしたら、体を逆に痛めて

しまったと来院された方々多かったです。

しかも、普段はあまり運動をしない方々。

運動に不慣れで、加減がわからないんです。

ヨガやストレッチで引っ張り過ぎてしまって。。。

「痛っ〜い」

それ以来、痛みがおさまりません。。。

体が硬い人は、雑巾をねじって絞る時のように

筋肉が捻れている場合があります。

捻れているものを無理やり引っ張ると

筋肉を痛めてしまいます。

まずは、筋肉の捻れをとる事が大切。

そこで、体の捻れ

をとって筋肉をふわふわにする

ホームケア指導を始めました。

みなさん、狐につままれたように「あれ

肩が柔らかい」「腰がらくです。」「どうして〜?」

と喜んで頂いています。

このホームケアは、私が実際に、

ほとんど毎日やっているケアです。

これで、肩こりから解放されて、

呼吸も深くなりました。

疲労回復が抜群に早くなりました❣️

ご興味がある方は、ホームページの右上 「contact」からお問い合わせ下さい。

こちらをクリック











# by miyucat910 | 2020-09-02 23:28 | オステオパシー

余韻

子供はエネルギーに溢れていて、治療に来ても

なかなかじっとしてくれない。

帰った後は、嵐が去ったような脱力感がある。

親子で定期的に治療をさせて頂いている方が

帰ったあと。ふと、周りを見渡すと。。。

余韻_c0202508_04001980.jpeg

あれっ。いつも、無造作に置いてあるぬいぐるみたちが、きちんと整列

している。

いつもは、こんな感じです。


余韻_c0202508_04112336.jpg

そして、キリンが相撲でも取るようなポーズになっている。

余韻_c0202508_04131556.jpeg

いつもは、すまして、こんな姿。

余韻_c0202508_04080226.jpg

お母さんが治療をしているときに、ひとりで遊んでいた形跡を残していきました。

これを見たら、とても幸せな気分になりました。









# by miyucat910 | 2020-05-11 04:19 | オステオパシー

治療家として



先日、久しぶりにブログを更新しましたが、私にとって

オステオパシーを学ぶ過程では時々、ブログを更新して

いました。

しかし、オステオパシーの治療に入ってからは、ブログ

で治療の日々を綴る事が、とても重く感じられて封印

していました。

それは、私自身が感情移入しやすい性格だったから

かもしれません。

最初のカウンセリングで、患者さんが、過去に受けた

心理的外傷や、病気の治療など詳しく説明してくださる

事が多いんです。最初は、初めて会った私にそんな

秘密をと。。。😱 

動揺を見せないように、冷静に努めますが、

その時点で、こんな大切なことを知らされて

しまってことに責任感を感じてしまい、必要

以上に頭を悩ませてどっと疲れてしまいました。

そんな話を同業のエミラにしたら、「私も気持ちの

切り替えができない時期があったけど、

今は大丈夫。」

彼女は、パリの郊外に治療院を構えていて

予約は3ヶ月待ち。

「このままだと自分が、疲弊してしまうので週に3日

しか働かないことにしたの。この状態で仕事を続

けてたら、この仕事が嫌いになっちゃうから。パリを

離れて海の近くに住みたいし、田舎暮らしなら、お金も

そんなにかからないし。」

と言って彼女は引っ越した。片道3時間かけて新幹線で

パリに来る。寝るだけの小さなアパートをパリに借りて

3日間はそこに泊まって木曜日の朝に田舎へ帰る。

パリにはこんな生活をしているオステオパスは、

珍しくない。やはり、ひとのケアをするには自分が

充分に満たされてないと長続きしないと感じた。

私は、これまで美容の仕事、治療院と好きなことを

仕事にしているので、休みがなくても全く苦になら

なかったのですが。。。

都市封鎖を通じて、自分の時間を十分に取ることで

新しい事がたくさん見えてきた。改めてこういう時間が

必要だったのだと感じました。😅



治療家として_c0202508_22050197.jpeg





























# by miyucat910 | 2020-05-05 22:02 | オステオパシー

独り立ち


恥ずかしながら、とても久しぶりに更新をします。

2019年はとても慌ただしく、気がついたら2020年を迎えていました。119.png

というのも、シャンゼリゼ通りに借りていたパスカルさんの治療院から独り立ち

しました。新しい治療院を開いて約1年になります。

新規の開設にあたっては、市役所に営業許可の申請をしたり、物件の契約の内容などを

チェックしたり、初めての経験で戸惑いました。

また、物件は、場所が便利なので即決しましたが、内装がとても傷んでいたので、

改装をしないと使えない状態でした。

内装工事は、ハプニングもあって・・・

新しい窓の採寸に来てもらって、3週間後に納品された窓のサイズが全然違ったり。

業者のかた曰く「よくある事ではないですが、たまにある工の間違いです。」と

納得のいかない説明。

再発注するものの、急いでは作れないらしくさらに3週間の忍耐。

そして、工事の最後に、トイレを設置する予定でしたが、

いざ設置となると用意していた便器の型が合わないことが発覚。

今更ですか。これも、発注し直し。

大幅に遅れましたが、安全に終わりました。148.png

独り立ち_c0202508_06432406.jpeg

  スペースはパリの平均的なキャビネより、やや広めです。

  患者さんにも、新しい場所の方が好評なので、ほっとしました。

独り立ち_c0202508_06463668.jpeg
独り立ち_c0202508_19090272.jpeg


独り立ち_c0202508_07141582.jpeg

 辛うじて、お待ち頂くスペースも確保しました。

 住所:

280 Rue Saint-Honoré 75001 Paris (ジュンク堂書店のすぐ近くです。)
 
 ご予約は、Doctolib というサイトからも取れます。 177.png
 
 



# by miyucat910 | 2020-05-03 07:37 | オステオパシー


気がつくと、1年以上も更新してなかった😅。

オステオパシーの治療に関して、書くことが重く感じられたここ1年。

今振り返ると、精神的にもどっと疲れる治療の仕事になれるまでの

適応期間だったのだと思う。。。

私が使っているオステオパシーの手法、メカニカル.・リンク。

オステオパシーの学校の5年間では学べないので、プロ向けセミナー

の受講を地道に重ねて来た。 そして、去年はこの手法の生みの親で

あるポール・ショーフルさんの治療院を訪ねて治療をして頂いた。

引退される前に、この方の手の感触を刻んでおきたいと思ったから。

メカニカル・リンクの父 ポール・ショーフルさん_c0202508_11224075.jpeg
この写真はリヨン郊外にあるポールさんの治療院にて。

引退される2週間前。

いろいろなアドバイスを頂いて、これからの治療の励みになりました。

















# by miyucat910 | 2019-01-04 11:40 | オステオパシー