人気ブログランキング |

2009年9月、パリでオステオパシーを学び始めます。フランス語での授業など不安で一杯の学校生活とパリの日常を綴ります。


by miyucat910

学生生活スタート

学校が始まって、1ヶ月が経ちました。今日から学校は1週間のバカ

ンス。やっと一息つくことができました。

まずは、スタートした学校のについて。私たちは1学年一クラスで現在

82名です。生徒のバックグランド、年令など様々。フランスの大学入学

資格(バカロレア)を取得したばかりの17歳が5人。彼らは最年少

です。最年長は49歳の元軍事パイロット。40代3人、30代5人、

残りは20代。バックグランドはほとんどが理系出身。理系じゃない

のは私を含めて5人くらいです。ちなみに銀行員、ビジネススク

ール卒業したばかり、会社員、心理療法士、エステティシャン(私)、

モダンダンサーです。入試はそんなに難しいものではありません

でした。一般常識程度です。でも、クラスの中にはすでに医学部で

1年とか2年学んだ人が10人くらいいます。驚き!!!。

日本は医学部に入いるのが難関ですが、フランスでは、日本ほどで

はないみたい。但し、医学部の1年の最終試験で振り落とされてし

まうらしいです。しかも、この試験は1度しか受けられないので敗者

復活のチャンスはないのです。

なので、私たち生徒の学力のレベルはかなりバラツキがあります。

今のところ理論の授業は生物、有機化学、運動生理学、物理と

高校卒業レベルの内容です。それに加えて生理学、解剖学です。

でも、かなり昔に学んだ私は記憶にすら残っておらず、しかもフラ

ンス語の語学力も追いつかずかなり大変な思いをしております。

これから、どうなることやら。。。
by miyucat910 | 2009-10-28 20:23 | 学校生活