人気ブログランキング | 話題のタグを見る

治療院研修

先日は17区にある、ジュリアンの治療院で研修をさせて頂いた。

彼は、もともとキネジテラプット(理学療法士)だったがオステ

オパシーに興味を持って転向して以来、30年のキャリア。

最初の患者さんは、スポーツで肩を脱臼した若い男性。

今回は、2回目の来院だったが回復の早さに患者さんは大満足

だった。すでに、軽いトレーニングを再開していた。

「先生曰く、キネの治療だったら10回通ってもここまで筋力は

回復しないよ。」とオステオパシーの治療の有効さを語っていた。

次々に患者さんが訪れて、その場で80パーセントの症状が改善

される。痛みはすぐにとれるものが大半だが、数日かかるものが

あるそうだ。一日の治療の終わりに今日の患者さんの治療につい

て説明してくれた。筋肉が原因の様々な症状には、スポーツや職

業があるが、精神的なものも多い。精神の場合、オステオパシー

の範疇ではないそうだ。

そういえば、ほかの先生も似たようなことを言っていた。

オステオパシーの治療で体がラクになるので、マッサージ感覚で

毎週1回来たがる患者さんもいるそうだ。商業的にはその方がい

いのだが、これは本来のオステオパシー治療ではない。一週間で

また同じような症状で戻ってくる場合は、治療の効果も出ていな

いし、オステオパシーの範疇ではないそうだ。治療院に来て、話

を聞いてもらったり、体をケアしてもらって気分もラクになると

いう考え方もあるが、これはオステオパシーの治療ではないらしい。

確かに、マッサージでよいのなら、オステオパシーを学んだ意味が

ない。
by miyucat910 | 2013-03-02 05:54 | オステオパシー