人気ブログランキング | 話題のタグを見る

筋肉の凝りと精神なストレス、ショック 1

学校で実技の練習をする度に、みんなが私の肩はコンクリート

のように固いという。先生までもが、自分のからだもケアしな

きゃ。とアドバイスする。でも、私の肩は子供の頃からこんな

感じ。友達がふざけて肩を軽く押すだけでもとても痛かったの

を覚えている。

大人になってからは、ヨガ、ピラテス、呼吸法、カリスマと言

われる人のエクササイズ、整体、指圧、マッサージなど、いろ

いろ試した。上手い人がいると聞けば、遠くでも、予約が何ヶ

月先でも待って施術を受けたが、肩だけは、ほぐれることはな

かった。でも、いろいろ試したことに満足して、自分では改善

されたつもりでいた。


しかしながら、客観的にはあまりいい状態ではないらしい。

フランスの穏やかな生活でかなりリラックスしているつもりだっ

たのに。


最近、オステオパシーの治療研修で筋肉の頑固な凝り、それが

引き起こす様々な症状は、精神的なものということがわかって

きた。う〜ん。これは、


精神カウンセリング?


インナーチャイルドを癒す?


ヒプノセラピー(催眠療法)?


精神カウンセリングはすでに体験済み。

フランスでは精神カウンセリングはとても一般的で対人関係の

悩みや、自身の悩みなど聞いてもらって精神的なサポートをし

てもらっている人は多い。

私も、2回ほどカウンセリングを受けだが、もともと心の深い

部分を他人に話すような性格でもない。専門家にそれを引き出す

特別なテクニックでもあるのかなぁ?と期待したが。。。

そうでもなかった。

ふんふんと話を受け身で、聞いてくれるだけだった。

おまけに、2回目なのに1回目に話したことも覚えておらず

また、同じことを話すはめになり2回目のカウンセリングの

意味を見いだせず終わったままだった。

そんな時、精神的なショックや、無意識に自分が背負って

いる精神的なストレスを開放してくれるオステオパットが

いると聞いて予約を入れてみた。この続きは、次回。。。

http://osteoparis.exblog.jp/20680301/
by miyucat910 | 2013-03-03 01:31 | 私の肩こりの歴史