人気ブログランキング |

2009年9月、パリでオステオパシーを学び始めます。フランス語での授業など不安で一杯の学校生活とパリの日常を綴ります。


by miyucat910

カテゴリ:未分類( 22 )

ホメオパシー

昨日は、処方してもらったホメオパシーを

取りに薬局へ。パリに薬局は星の数ほどあ

るが、処方箋に基づいてホメオパシーを

調合してくれる薬局は数件しかない。

ホメオパシー_c0202508_17550381.jpg


何種類かある中で、月に1回だけ摂るもの。

日曜日だけ摂る。日曜日以外毎日摂る。な

どスケジュール帳にメモしておかないと

忘れてしまいそうです。

この処方で4ヶ月試してみます。

そして薬局の帰り道にお気に入りのハーブ

ティーを買いにフェアトレードのお店へ。

ホメオパシー_c0202508_17550408.jpg

ホメオパシー_c0202508_18053905.jpg

ここは、お気に入りのハーブティーpukka

が全種類揃っている。このお店を見つけた時は

嬉しいくて、思わずお店の人に「写真を撮っ

ていいですか。」と聞いた。

まるで、素晴らしい景色を見た時のような

興奮でした。(誰も、共感してくれない思い

ますけど。。。007.gif)

ホメオパシー_c0202508_18054000.jpg

ホメオパシー_c0202508_18054077.jpg


今まで、見たことのない新しいフレーバー

がある!"レモン🍋&マンダリン" (下の写

真の右側)。朝の目覚めに最適なパーブティ

とある。明日の朝が楽しみです!

ホメオパシー_c0202508_18121834.jpg








by miyucat910 | 2017-03-01 17:35

健康管理の日 2

昨日の午後はサンジェルマン•デプレの

婦人科先生の定期健診に行って来ました。

家を早めに出て、散歩がてら歩いて行き

ました。

通り道いつも、この店の前でなぜか足を

止めてしまうけど、入いる勇気はない。

健康管理の日 2_c0202508_21510762.jpg


ショーケスにあるのは、19世紀の頭蓋骨。

オステオパシーの実習練習に模型はもって

いるけど、本物は骨間の縫合が繊細。

健康管理の日 2_c0202508_21510855.jpg




健康管理の日 2_c0202508_21510880.jpg


サンジェルマン・デプレ教会を通って

久々にサンスルピス広場まで来ました。

健康管理の日 2_c0202508_21510904.jpg


そして、たまに覗くオーガニックのお店。

健康管理の日 2_c0202508_21511024.jpg


まだ、試したことのないスピルリナの

パスタを購入。

健康管理の日 2_c0202508_21594692.jpg


ちょうど予約5分前に先生のところ到着。

健康管理の日 2_c0202508_21594746.jpg


そして、今日は家でスピルリナのパスタ。

ルッコラを敷き詰めたプレートにパスタ

&手作りトマトソース。
健康管理の日 2_c0202508_22072103.jpg



by miyucat910 | 2017-02-28 21:33

健康管理の日 1

昨日は、朝からホメオパシーを処方

して下さるお医者さんに初めて

の受診。フランスではお医者さんが

処方したホメオパシーは社会保険の

対象になる場合もある。

健康管理の日 1_c0202508_18462706.jpg


2ヶ月待った予約なので、なるべく

有効にするためにあらかじめ自分の

病歴や予防接種歴、家族の病歴を

用紙にまとめた。

待合室で他の患者さんと雑談。

とても有能な先生だそう。平均

診療時間は15分らしい。

診療室に入って、受診の目的を

話して、あらかじめ用意した紙を

渡した。先生は、パソコンベースに

情報管理しているらしく、渡した

情報を両方の中指でパソコンに

入力し始めた。私は先生の集中力

を妨げない程度に補足内容を喋り

始めた。先生からは、食べ物・飲み

物の嗜好、運動、睡眠の質などきか

れた後に4ヶ月間有効な処方箋を渡さ

れた。4ヶ月後に再診予約をとるそ

うだ。

これが、フランスの平均的な診療。

あまり、細かい説明はない。

余計なことを聞くとキレられること

もある。人気がある先生ほど、予約

時間も限らているので機械的に終わ

ってしまう事が多い。でも、診断や

処方が的確だからいい。

しかし、こうした対応だけでは物足

りない人たちは、補足的にナチュロ

パス (自然療法士)に相談にくる人も

多い。例えば、食べ物・飲み物の嗜好

をきくのはなぜなのか?

それらが、身体に与える影響などの細か

な説明をする。また、症状の回復後は、

再発予防や体質改善へ向けてのアドバ

イスを行う。



















by miyucat910 | 2017-02-28 00:35

自然療法士

2年間通ったナチュロパシー学校。

自然療法士資格を取得しました。

病気で前期の試験が受けられな

かったので、2016年の資格取得は

無理かなと思っていましたが、

最終試験の結果に余裕があったので

それが補填となって資格取得。

その分、総合評価は納得のいくもの

ではないけど、まずは一息。

自然療法士_c0202508_10173676.jpg







by miyucat910 | 2017-02-27 09:53

シャンゼリゼ

シャンゼリゼ通りのキャビネに通うようになって珍しいシャンゼリゼの様子を目にするようになりました。

シャンゼリゼ_c0202508_01285007.jpg

これは、歩行者天国のシャンゼリゼ。
日曜日に急患の方がいて、キャビネを開けた日のこと。
地下鉄のジョルジュ・サンク駅が歩行車天国で閉鎖になって不便だったけど、この大通りを車を気にせず横切るのは気持ちいい。

シャンゼリゼ_c0202508_01285031.jpg

そして、これは車禁止の日のショット。公害が深刻なパリの対策。
by miyucat910 | 2017-02-25 01:14

子供の治療

最近、子供の患者さんを診る機会が増えました。スポーツをしたり、ダンスをしたり
アクティブな子供たちは怪我が絶えない。
子供の治療は30分を超えてくると、子供の集中力がなくなり、もそもそ動き出す。
そんな時、同僚のパスカルは親の前でも容赦なく叱っている。さすが、3児の母は強い。
私は、親の前、やましておじいちゃん・おばあちゃんが2人も付き添いできている前では、叱れない。。。
そして、なめられる。
そして、子供はたまに嘘をつく。
治療後に、痛みはどう?と聞くと
もう、全然痛くない。
えっ、100%痛みがすぐに消える?
しかも、炎症しているのに。。。

子供の治療_c0202508_23053111.jpg












by miyucat910 | 2017-02-23 22:24
この度、オステオパシーの治療院を開設しました。
場所は華やかなシャンゼリ通りですが、喧騒の奥に
こんなレトロで静かな場所があったのかと思うほど
心地のいい空間です。

まずは、外観からご紹介します。

オステオパシー治療院 (キャビネ)開設_c0202508_14191928.jpg


シャンゼリゼ通りの中程で、ジョルジュ・サンク駅と
フランクリンルーズベルト駅の間にあります。

オステオパシー治療院 (キャビネ)開設_c0202508_14294633.jpg


ここが建物の入り口です。中を進むとすぐにスターバックスがあり、
左手に上階へ昇る入口があります。

オステオパシー治療院 (キャビネ)開設_c0202508_14365813.jpg




オステオパシー治療院 (キャビネ)開設_c0202508_14413429.jpg

オステオパシー治療院 (キャビネ)開設_c0202508_14394827.jpg





ここからレトロ感が漂う空間。
オステオパシー治療院 (キャビネ)開設_c0202508_14445766.jpg

オステオパシー治療院 (キャビネ)開設_c0202508_14461186.jpg














ここでは、オステオパシーの治療や美容矯正を
やっています。オステオパシーにもいろいろ
な技術がありますが、私はメカニカル・リンク
というメソッドを軸に治療を行っています。
詳しい内容については、少しずつ書いていき
たいと思います。

住所: 78 avenue des Champs-Elysées 75008 Paris
by miyucat910 | 2016-03-23 14:57
日曜日に、調べ物でポンピドーセンターの図書館へ

ポンピドーセンターの図書館_c0202508_6435221.jpg


しかし、あまりの行列に断念。やはり日曜日は避けた方がいいらしい。

ポンピドーセンターの図書館_c0202508_6462811.jpg


月曜日の今日は、待たずに入れた。

この図書館は何度も来たことがあるのに、

はじめて気づいた自動販売機。

ポンピドーセンターの図書館_c0202508_6533327.jpg


ポンピドーセンターの厳選3種

1. 手指消毒のジェル
2. 蛍光ペン
3. 耳栓
by miyucat910 | 2014-09-30 06:57

Micronutrition (分子栄養学)

先日、初めて分子栄養学のセミナーに参加。今回のテーマは

" La micronutrition du cerveau " セロトニン、ドパーミン、

ノルアドレナリンなどの神経伝達物質の合成のメカニズムと

それをサポートするビタミンやミネラルについて。

そして、不眠症、記憶障害、うつ病、アルツハイマーと分子

栄養学の関係を7時間でざっと学びました。
Micronutrition (分子栄養学)_c0202508_7162195.jpg



私が参加したのは、薬剤師、栄養士、医師などの医療関係者

対象のセミナー。なので、私にはレベルが高かったかも?

と不安を抱えつつ聞いていました。

午前中の講義が終わると、セミナー会場の中庭にランチが

用意されてました。5-6人のグループに分かれて円卓を囲んでランチ。

それぞれのテーブルに赤ワインのボトルが用意されているのがフランス

らしい。午後の講義大丈夫?

料理はサラダ系のシンプルなメニューでしたがオリジナリティあり。

シェフが料理の説明に各テーブルを廻ってくれました。すみれの花の

ペーストとトマトのサラダに始まり、卵や牛乳不使用のデザートまで

満喫。お酒が入ると会話も弾んで、個々に簡単な自己紹介。私のテー

ブルは薬剤師さんが多く、薬局の裏事情に花が咲きました。

天気も良く、中庭でのひと時はちょつとしたサプライズでした。

それにしても、今回のセミナーの主催者は完璧なまでに用意周到

でした。フランスでもこんなことがあるんだ。。。 (失礼😥)

話は主題に戻り、今回の講師はDenis Richéさん。スポーツ選手

の栄養カウンセリングで有名です。

最新本の "分子栄養学と繊維筋痛症" を購入。オステオパス

としては興味深い内容でした。



Micronutrition (分子栄養学)_c0202508_7322954.jpg

by miyucat910 | 2014-09-27 07:33
フランスでは2月2日にクレープを食べる習慣があるらしい。

なぜ、と聞いてもまともに説明できるフランス人はあまりいない。

ネット検索で見つけたので詳細はこちらへ

当日、学校ではロレリーヌが大量のクレープを作ってきた。

2月2日はクレープを食べる。_c0202508_1744442.jpg


えっ。 こんなにたくさん。005.gif
いったいどれだけ時間かかったの?

今朝の1時まで。寝たのは3時になっちゃった。

けなげさに感激011.gif

この日、彼女は解剖学の授業中に大胆な居眠りをしていた。

みんなは何とも言えない心境だった。
by miyucat910 | 2012-02-07 17:56