人気ブログランキング |

2009年9月、パリでオステオパシーを学び始めます。フランス語での授業など不安で一杯の学校生活とパリの日常を綴ります。


by miyucat910

カテゴリ:オステオパシー( 22 )


気がつくと、1年以上も更新してなかった😅。

オステオパシーの治療に関して、書くことが重く感じられたここ1年。

今振り返ると、精神的にもどっと疲れる治療の仕事になれるまでの

適応期間だったのだと思う。。。

私が使っているオステオパシーの手法、メカニカル.・リンク。

オステオパシーの学校の5年間では学べないので、プロ向けセミナー

の受講を地道に重ねて来た。 そして、去年はこの手法の生みの親で

あるポール・ショーフルさんの治療院を訪ねて治療をして頂いた。

引退される前に、この方の手の感触を刻んでおきたいと思ったから。

メカニカル・リンクの父 ポール・ショーフルさん_c0202508_11224075.jpeg
この写真はリヨン郊外にあるポールさんの治療院にて。

引退される2週間前。

いろいろなアドバイスを頂いて、これからの治療の励みになりました。

















by miyucat910 | 2019-01-04 11:40 | オステオパシー

病院での治療

6月から3ヶ月に渡って、パリ郊外の病院でオステオパシーの治療を

させてもらった。循環器系疾患の方を対象にオステオパシーの技術

の臨床例を論文にする後輩のお手伝い。

彼女のお兄さんが循環器系のお医者さんなので、病院で治療をする

機会が得られた。

主な治療の目的は、呼吸を楽にすること。具体的には胸郭の可動域の

制限や横隔膜の緊張、仙腸関節の動き、脊柱から頭蓋骨までの緊張を

ゆるめる。その結果、血色がよくなったり、明らかに胸のあたりが軽

くなったなど患者さんが実感する効果があった。

その後、血圧や、心拍数の変化など数値の変化を見る。

とてもいい経験になったが、病院での治療は、1日の終わりにぐったり

疲れる。どこかで、エネルギーをチャージせねば。。。007.gif
by miyucat910 | 2015-09-11 06:13 | オステオパシー

オステオパシーセミナー

今週は、3日間オステオパシーのプロ向けセミナーに参加した。

今回の技術には前から興味があり、半年以上前に申し込みをして

とても楽しみにしていた。

まず、はじめに講師の先生から、この技術は半年間の治療の効果

ではなく、1年も2年も効果を持続させる技術です。と説明があった。

彼女は25年以上もこの技術のみを使って治療効果を出してきた

この技術のスペシャリスト。

まずは、検査から治療までをデモンストレーションして

下さった。そのスピードと的確さに周囲が唖然としていた。

まさに上級プロフェッショナル。感激した。

こんな出会いがあったことが、心から嬉しかった。

次回は3ヶ月後。

セミナーの後に仲間とカフェへ。

クラスメイトだったポールは卒業後、パリのデカルト大学で解剖学の

デイプロマコースを取っている。

終わりがない人はけっこういるもんだ。

オステオパシーセミナー_c0202508_9273499.jpg

by miyucat910 | 2015-02-28 09:27 | オステオパシー

資格の登録

5年間の学校生活にもピリオド。

オステオパシー資格を取得して最初にすることは、医療従事者

として登録。そして職業IDをもらうこと。

念願だった赤ちゃんの治療セミナー申し込みにも、このIDが必要

なので、取り急ぎ申請に行きました。

パリの管轄事務所は19区にあり、普段あまり行かない地域。なので

交通手段を電話で問い合わせてみる。最寄りの地下鉄から現地

までシャトル便 (navette)で行くのが一番わかりやすい方法らしい。


さて、最寄りの地下鉄の駅を降りて、あたりを見回した。でも、バス

らしものが見当たらない。不安になって近くにいた人に聞いてみると、

「100メートル先の階段を下ると、川べりに船着場があって、そこから

船に乗って行きます。」

Navetteって船だったの!015.gif

Navetteの意味はシャトル便。バスとばかり思い込んでいました。007.gif

ということで、船を待つこと10分。

資格の登録_c0202508_7264623.jpg


恐ろしくゆっくりな船に揺られて5分くらい。

やっと事務所にたどり着きました。

事務処理を担当して下さった方に「毎日、船に揺られて通勤しているん

ですか?」

と尋ねると。「そうですよ。陸路もありますが。。。」

通勤に船は調子狂うなぁ。なんて思いながら帰り道を歩いていると

横断歩道を渡ってきた中学生の男子4-5人がすごい勢いで、

中国語で私に向かって、言いたい放題言っている。

私が無表情できょとんとしていたら、彼らは拍子抜けした

感じで去っていった。

それにしても、どうして中国語なのかな。学校で習っていて

使ってみたかったのか?

そんなに賢そうには見えなかったけど。

きっと中国語人の女性だったら、凄い勢いで反撃してくる

だろうし、それを面白がっているのかもしれない。

ひさしぶりに、子供にからかわれた。037.gif
by miyucat910 | 2014-10-16 08:03 | オステオパシー

論文合格

6月に提出した論文の合格通知が届いて、ほっと一息。

この結果を聞いた、フランス語の先生がほんとうにがんばったね!

と喜んでくれました。

今回は、私も頑張りましたが先生がとても忍耐強く私のフランス語

を添削してくれてたおかげでした。私を最後まで導いてくれたこと

にとても感謝しています。

それから、記事を書く為に施術に協力してくれた方々や、技術の理

論的なアドバイスを頂いた方々にも支えられられました。

ありがとうございます。


論文合格_c0202508_849446.jpg



10日は、スーパームーンと呼ばれる満月でした。いつもより大きな月が

見れるはず。

ルーブル美術館からポン・ヌフまで散歩しながら月を眺めて、今までの

感謝の気持ちと、これからの事を祈りました。

論文合格_c0202508_912082.jpg
論文合格_c0202508_9113461.jpg
論文合格_c0202508_992265.jpg

by miyucat910 | 2014-08-13 09:11 | オステオパシー

論文

今年は、例年になく穏やかな気候のパリ。日曜日から冬時間になり

ました。朝の7時はまだ薄暗かったのですが、1時間ずらすと少し

明るさが違います。このシステムは、もともと消費電力節約の為に

設けられたそうです。

とはいっても、私のアパートは建物に囲まれているので、冬の日差し

は、はいりにくく、日中でも灯りをつけることが多い。

今週は一週間の休講なので、家で一日中人工の光の中に居ると目がとて

も疲れる。前半は図書館へ行っていたが、いつもより混んでいて酸欠に

なりそう。

今日は、近所のスタバへ行ってみた。
論文_c0202508_23241927.jpg



窓が大きくて、気もちいい。自然光で本が読めるのでラク。

論文の参考文献がまとまりつつあるので、そろそろ書き始めないと。
by miyucat910 | 2013-10-31 23:30 | オステオパシー
この話題は http://osteoparis.exblog.jp/19532224/ のつづき

です。今年2月に治療の予約をいれて2ヶ月待ち。4月にやっと診

てもらうことができました。知人の治療体験談だけを頼りにこの先生

に行き着いたのですが、実はオステオパットとしては有名な方でした。

こんな本も出版されています。

筋肉の凝りと精神的なストレス、ショック 2_c0202508_19412037.jpg


4月に始まり、3週間に1回の頻度で、合計5回の施術を受けました。

その内容をとても簡潔ではありますが、お伝えします。

一回目の治療


私の場合、子供の頃から肩こりだったこと。マッサージや運動では

飛躍的な改善が見られないので、精神面のアプローチをお願いしま

した。先生は、幼少期から起きた家族との関わり合いを原因と疑い

ました。

まず最初は、先生が私の後頭部に手を当てて、家族ひとりひとりを

頭に思い浮べて下さいと言いました。

両親から、兄弟、父方、母方の祖父母までひとりひとり思い浮か

べます。そして、頭部の触診で反応のある人物を特定します。

次に、この人物との感情の関係をリセットしていきます。具体的

には、その人に対する感情を心の中で吐き出します。それと同時に

先生が、頭に当てた手の圧力を微妙に調整していきます。この時に

普段は思い出せないような昔の出来事が、写真をスクロールするよ

うに鮮明に次から次へと浮かんできました。

ここまでの流れだと、スピリチュアル的な療法にもとれる。

でも、先生は医師の資格もある。似ていてもそんなことは言え

ない。これもオステオパシーなのかと感心した。

この日は、頭を触っただけだが診察室を出るときには腰がふん

わりと軽くなっている。そして歩くときには、仙腸関節の滑り

がとても滑らかなのを感じた。さらに翌日には、腰の動きと連動

したせいか、肩甲骨の滑りもよくなっていた。続きは次回へ
by miyucat910 | 2013-08-30 22:28 | オステオパシー

治療研修

今月まで、学校のクリニック以外に2カ所で治療を行ってきた。

毎週月曜日は、ministère du sport といって政府のスポーツ機関。

ここで働く公務員の方々の治療を担当している。

治療研修_c0202508_0304836.jpg


治療には監督がマンツーマンでつく。とても恵まれた環境にある。

監督とは、すでにオステオパシーの資格を取得した卒業生がアル

バイトで雇われて、治療の監視とアドバイスをしてくれる。

もう一つの治療は、スポーツ施設。

ここは、毎週火曜日にクラスメイトのジュスティンと2人で治療。

治療研修_c0202508_051367.jpg
治療研修_c0202508_0502674.jpg


お互いがどんな治療をするのかを、観察できて刺激になる環境。

そして、患者さんは若いスポーツマンが多いので禁忌事項が

少ない。幅広いテクニックが使えるのもここのメリット。

しかし、治療研修は課外活動なので17:00〜21:00の間。

毎朝8:30から授業が始まるので、時間的な拘束がしんどい。

仕事もしたいし。。。これ以上課外活動の時間を増やすのは難しい。

その結果、私は治療実習時間が70時間ほど不足していた。


なので、夏休みも学校のクリニックで治療に励むことに。。。008.gif
by miyucat910 | 2013-07-01 00:58 | オステオパシー

卒業論文の準備

論文の輪郭がだいたい決まってきたが、論文を監修してくれる

オステオパスを探さなければならない。

私は、ずっと美容の分野で仕事をしてきたので、やはり美容には

こだわっていきたい。フランスでオステオパシーを美容の分野に

取り入れている例はとても少ない。論文のテーマを友達に話すと

ちょっと鼻で笑われる感じだ。

論文の担当講師に相談したら、美容の分野の技術開発をしたオス

テオパスがいるので、施術を受けて彼女に頼んでみるのもひとつ

の方法だとアドバイスを受けた。

彼女は30年以上の経験があり、経歴もしっかりしているので

監修者としての条件は満たしているからね。

そこで、早速予約をとって施術を受けてみた。

卒業論文の準備_c0202508_16362039.jpg


治療院はパリの中心地にあり、かなりしっかりした建物の中に

ある。今回は、フェイスリフトの技術をお願いした。日本で美容

矯正の施術は何度も受けたことがあるので、フランスではどんな

ことをするのかとても興味があった。

実際には、顔の反射区の刺激、筋肉のマッサージ、内蔵の刺激

などわずか25分ほどの施術。そして100ユーロ。確かにリ

フティング効果あり。一回目の施術で多くのことは語れないが。。。

でも、時間的な満足に欠ける感じもあった。オステオパシーの

治療的な見解からは、治療にかける時間イコール結果ではない。

むしろ、時間をかけすぎない方が効果が高い場合も多い。

でも、これが美容よりだと少し優雅にやってもらいたい感があ

るかな。

施術が終わって、手短に論文について監修を依頼した。しかし、

彼女も開発した技術を文章化してくれる人が必要だそうだ。「技術

の監修ならできるけど、私は論文は得意じゃないわ。」と断られて

しまった。007.gif

これとは別に、彼女は子供の治療にも評価が高い。(ネットでの評判)

治療室には、たくさんの子供の絵が飾ってあった。

「治療に興味があったら、5年生なら研修生を受け入れるわよ。興味が

あったら来年、連絡ください。」といってくれた。

001.gif
by miyucat910 | 2013-06-02 17:16 | オステオパシー

赤ちゃんの治療 1

臨月だった友達が、産婦人科で紹介されたオステオパシーの先生に

治療を受けていた。その友達が、私のことを先生に話してくれて

赤ちゃんの治療を見学することができた。治療を見学させてくれる

先生は少ない。先生も、友達に感謝だね。と言って親切に治療を説

明してくれた。

1回目は、生まれて1ヶ月半の双子の赤ちゃんの治療。2人とも

3kg以上の元気な赤ちゃん。でも、一人は夜泣きが激しい。

診察室に入ってくる時から大泣きだったが、先生が手を触れて

体の緊張を緩めていくと、すぐに泣き止み穏やかな顔になって

いく。赤ちゃんは骨盤内での頭の圧迫や、出産時の圧力で後頭骨

と第一頸椎の間で血管や神経を圧迫している傾向にある。

軽度なら成長過程で自然に正常な位置になることもあるが、それ

まで夜泣きが続く場合は、親も体力を消耗してしまう。オステオ

パシーで改善されるのであれば、是非お勧めしたい。
by miyucat910 | 2013-05-27 06:36 | オステオパシー