人気ブログランキング |

2009年9月、パリでオステオパシーを学び始めます。フランス語での授業など不安で一杯の学校生活とパリの日常を綴ります。


by miyucat910

<   2013年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

論文の準備

4年生も半ば、そろそろ5年生で課題の卒論の準備をしなければ。。。

テーマはいくつか頭に浮かんでいるが、まだ決めかねている。

昨日は、医学図書館に登録して資料などの検索方法を教わった。

建物はクラッシックでパリらしい。

論文の準備_c0202508_1634420.jpg


論文の準備_c0202508_163516.jpg


でも、入退館のシステムもかなりマニュアル。

入館証を受付で出すと、それと引き換えに番号札の入った袋を

受け取る。退館の時は、その袋を受付の人に渡して入館証を返

してもらう。このカードの出し入れのために一人員が必要だ。

でも、これがフランス流。

論文の準備_c0202508_16425758.jpg


最近、私の授業ノートはipadを使用している。自動チェック

機能があるのでスペルのミスは少なくなったが、微妙な言葉

のニュアンスで聞き違い、勘違いがあるらしい。

友達曰く、フランス語はフランス人ですら難しい言語だから

しかたないけど。。。

でも、私のノートを見ると笑いが止まらないらしい。

これで、論文が書けるのかな???
by miyucat910 | 2013-03-22 16:52 | オステオパシー
学校で実技の練習をする度に、みんなが私の肩はコンクリート

のように固いという。先生までもが、自分のからだもケアしな

きゃ。とアドバイスする。でも、私の肩は子供の頃からこんな

感じ。友達がふざけて肩を軽く押すだけでもとても痛かったの

を覚えている。

大人になってからは、ヨガ、ピラテス、呼吸法、カリスマと言

われる人のエクササイズ、整体、指圧、マッサージなど、いろ

いろ試した。上手い人がいると聞けば、遠くでも、予約が何ヶ

月先でも待って施術を受けたが、肩だけは、ほぐれることはな

かった。でも、いろいろ試したことに満足して、自分では改善

されたつもりでいた。


しかしながら、客観的にはあまりいい状態ではないらしい。

フランスの穏やかな生活でかなりリラックスしているつもりだっ

たのに。


最近、オステオパシーの治療研修で筋肉の頑固な凝り、それが

引き起こす様々な症状は、精神的なものということがわかって

きた。う〜ん。これは、


精神カウンセリング?


インナーチャイルドを癒す?


ヒプノセラピー(催眠療法)?


精神カウンセリングはすでに体験済み。

フランスでは精神カウンセリングはとても一般的で対人関係の

悩みや、自身の悩みなど聞いてもらって精神的なサポートをし

てもらっている人は多い。

私も、2回ほどカウンセリングを受けだが、もともと心の深い

部分を他人に話すような性格でもない。専門家にそれを引き出す

特別なテクニックでもあるのかなぁ?と期待したが。。。

そうでもなかった。

ふんふんと話を受け身で、聞いてくれるだけだった。

おまけに、2回目なのに1回目に話したことも覚えておらず

また、同じことを話すはめになり2回目のカウンセリングの

意味を見いだせず終わったままだった。

そんな時、精神的なショックや、無意識に自分が背負って

いる精神的なストレスを開放してくれるオステオパットが

いると聞いて予約を入れてみた。この続きは、次回。。。

http://osteoparis.exblog.jp/20680301/
by miyucat910 | 2013-03-03 01:31 | オステオパシー

治療院研修

先日は17区にある、ジュリアンの治療院で研修をさせて頂いた。

彼は、もともとキネジテラプット(理学療法士)だったがオステ

オパシーに興味を持って転向して以来、30年のキャリア。

最初の患者さんは、スポーツで肩を脱臼した若い男性。

今回は、2回目の来院だったが回復の早さに患者さんは大満足

だった。すでに、軽いトレーニングを再開していた。

「先生曰く、キネの治療だったら10回通ってもここまで筋力は

回復しないよ。」とオステオパシーの治療の有効さを語っていた。

次々に患者さんが訪れて、その場で80パーセントの症状が改善

される。痛みはすぐにとれるものが大半だが、数日かかるものが

あるそうだ。一日の治療の終わりに今日の患者さんの治療につい

て説明してくれた。筋肉が原因の様々な症状には、スポーツや職

業があるが、精神的なものも多い。精神の場合、オステオパシー

の範疇ではないそうだ。

そういえば、ほかの先生も似たようなことを言っていた。

オステオパシーの治療で体がラクになるので、マッサージ感覚で

毎週1回来たがる患者さんもいるそうだ。商業的にはその方がい

いのだが、これは本来のオステオパシー治療ではない。一週間で

また同じような症状で戻ってくる場合は、治療の効果も出ていな

いし、オステオパシーの範疇ではないそうだ。治療院に来て、話

を聞いてもらったり、体をケアしてもらって気分もラクになると

いう考え方もあるが、これはオステオパシーの治療ではないらしい。

確かに、マッサージでよいのなら、オステオパシーを学んだ意味が

ない。
by miyucat910 | 2013-03-02 05:54 | オステオパシー