人気ブログランキング |

2009年9月、パリでオステオパシーを学び始めます。フランス語での授業など不安で一杯の学校生活とパリの日常を綴ります。


by miyucat910

<   2013年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

治療研修

今月まで、学校のクリニック以外に2カ所で治療を行ってきた。

毎週月曜日は、ministère du sport といって政府のスポーツ機関。

ここで働く公務員の方々の治療を担当している。

治療研修_c0202508_0304836.jpg


治療には監督がマンツーマンでつく。とても恵まれた環境にある。

監督とは、すでにオステオパシーの資格を取得した卒業生がアル

バイトで雇われて、治療の監視とアドバイスをしてくれる。

もう一つの治療は、スポーツ施設。

ここは、毎週火曜日にクラスメイトのジュスティンと2人で治療。

治療研修_c0202508_051367.jpg
治療研修_c0202508_0502674.jpg


お互いがどんな治療をするのかを、観察できて刺激になる環境。

そして、患者さんは若いスポーツマンが多いので禁忌事項が

少ない。幅広いテクニックが使えるのもここのメリット。

しかし、治療研修は課外活動なので17:00〜21:00の間。

毎朝8:30から授業が始まるので、時間的な拘束がしんどい。

仕事もしたいし。。。これ以上課外活動の時間を増やすのは難しい。

その結果、私は治療実習時間が70時間ほど不足していた。


なので、夏休みも学校のクリニックで治療に励むことに。。。008.gif
by miyucat910 | 2013-07-01 00:58 | オステオパシー