人気ブログランキング |

2009年9月、パリでオステオパシーを学び始めます。フランス語での授業など不安で一杯の学校生活とパリの日常を綴ります。


by miyucat910

<   2015年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

病院での治療

6月から3ヶ月に渡って、パリ郊外の病院でオステオパシーの治療を

させてもらった。循環器系疾患の方を対象にオステオパシーの技術

の臨床例を論文にする後輩のお手伝い。

彼女のお兄さんが循環器系のお医者さんなので、病院で治療をする

機会が得られた。

主な治療の目的は、呼吸を楽にすること。具体的には胸郭の可動域の

制限や横隔膜の緊張、仙腸関節の動き、脊柱から頭蓋骨までの緊張を

ゆるめる。その結果、血色がよくなったり、明らかに胸のあたりが軽

くなったなど患者さんが実感する効果があった。

その後、血圧や、心拍数の変化など数値の変化を見る。

とてもいい経験になったが、病院での治療は、1日の終わりにぐったり

疲れる。どこかで、エネルギーをチャージせねば。。。007.gif
by miyucat910 | 2015-09-11 06:13 | オステオパシー