人気ブログランキング |

2009年9月、パリでオステオパシーを学び始めます。フランス語での授業など不安で一杯の学校生活とパリの日常を綴ります。


by miyucat910

<   2017年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

健康管理の日 2

昨日の午後はサンジェルマン•デプレの

婦人科先生の定期健診に行って来ました。

家を早めに出て、散歩がてら歩いて行き

ました。

通り道いつも、この店の前でなぜか足を

止めてしまうけど、入いる勇気はない。

健康管理の日 2_c0202508_21510762.jpg


ショーケスにあるのは、19世紀の頭蓋骨。

オステオパシーの実習練習に模型はもって

いるけど、本物は骨間の縫合が繊細。

健康管理の日 2_c0202508_21510855.jpg




健康管理の日 2_c0202508_21510880.jpg


サンジェルマン・デプレ教会を通って

久々にサンスルピス広場まで来ました。

健康管理の日 2_c0202508_21510904.jpg


そして、たまに覗くオーガニックのお店。

健康管理の日 2_c0202508_21511024.jpg


まだ、試したことのないスピルリナの

パスタを購入。

健康管理の日 2_c0202508_21594692.jpg


ちょうど予約5分前に先生のところ到着。

健康管理の日 2_c0202508_21594746.jpg


そして、今日は家でスピルリナのパスタ。

ルッコラを敷き詰めたプレートにパスタ

&手作りトマトソース。
健康管理の日 2_c0202508_22072103.jpg



by miyucat910 | 2017-02-28 21:33

健康管理の日 1

昨日は、朝からホメオパシーを処方

して下さるお医者さんに初めて

の受診。フランスではお医者さんが

処方したホメオパシーは社会保険の

対象になる場合もある。

健康管理の日 1_c0202508_18462706.jpg


2ヶ月待った予約なので、なるべく

有効にするためにあらかじめ自分の

病歴や予防接種歴、家族の病歴を

用紙にまとめた。

待合室で他の患者さんと雑談。

とても有能な先生だそう。平均

診療時間は15分らしい。

診療室に入って、受診の目的を

話して、あらかじめ用意した紙を

渡した。先生は、パソコンベースに

情報管理しているらしく、渡した

情報を両方の中指でパソコンに

入力し始めた。私は先生の集中力

を妨げない程度に補足内容を喋り

始めた。先生からは、食べ物・飲み

物の嗜好、運動、睡眠の質などきか

れた後に4ヶ月間有効な処方箋を渡さ

れた。4ヶ月後に再診予約をとるそ

うだ。

これが、フランスの平均的な診療。

あまり、細かい説明はない。

余計なことを聞くとキレられること

もある。人気がある先生ほど、予約

時間も限らているので機械的に終わ

ってしまう事が多い。でも、診断や

処方が的確だからいい。

しかし、こうした対応だけでは物足

りない人たちは、補足的にナチュロ

パス (自然療法士)に相談にくる人も

多い。例えば、食べ物・飲み物の嗜好

をきくのはなぜなのか?

それらが、身体に与える影響などの細か

な説明をする。また、症状の回復後は、

再発予防や体質改善へ向けてのアドバ

イスを行う。



















by miyucat910 | 2017-02-28 00:35

自然療法士

2年間通ったナチュロパシー学校。

自然療法士資格を取得しました。

病気で前期の試験が受けられな

かったので、2016年の資格取得は

無理かなと思っていましたが、

最終試験の結果に余裕があったので

それが補填となって資格取得。

その分、総合評価は納得のいくもの

ではないけど、まずは一息。

自然療法士_c0202508_10173676.jpg







by miyucat910 | 2017-02-27 09:53

シャンゼリゼ

シャンゼリゼ通りのキャビネに通うようになって珍しいシャンゼリゼの様子を目にするようになりました。

シャンゼリゼ_c0202508_01285007.jpg

これは、歩行者天国のシャンゼリゼ。
日曜日に急患の方がいて、キャビネを開けた日のこと。
地下鉄のジョルジュ・サンク駅が歩行車天国で閉鎖になって不便だったけど、この大通りを車を気にせず横切るのは気持ちいい。

シャンゼリゼ_c0202508_01285031.jpg

そして、これは車禁止の日のショット。公害が深刻なパリの対策。
by miyucat910 | 2017-02-25 01:14

子供の治療

最近、子供の患者さんを診る機会が増えました。スポーツをしたり、ダンスをしたり
アクティブな子供たちは怪我が絶えない。
子供の治療は30分を超えてくると、子供の集中力がなくなり、もそもそ動き出す。
そんな時、同僚のパスカルは親の前でも容赦なく叱っている。さすが、3児の母は強い。
私は、親の前、やましておじいちゃん・おばあちゃんが2人も付き添いできている前では、叱れない。。。
そして、なめられる。
そして、子供はたまに嘘をつく。
治療後に、痛みはどう?と聞くと
もう、全然痛くない。
えっ、100%痛みがすぐに消える?
しかも、炎症しているのに。。。

子供の治療_c0202508_23053111.jpg












by miyucat910 | 2017-02-23 22:24