人気ブログランキング | 話題のタグを見る

実技の授業 (2)

 
  オステオパシーって何?って聞かれることがあります。状況に

  よって 答え方が変わりますが、一般の人にわかりやすく、一言

  で説明する時 はカイロプラクティックや整体の一種と答えます。

  日本で、整体やカイロで何度も治療を受けたことがありますが、

  大体は用意されたパジャマのような薄手の衣服に着替えます。

  なので、下着姿になることはまずないです。しかし。。。。

  我が、オステオパシーの学校の実技の授業は下着のみ着用

  なのです。もちろん、入学時に説明があり、大丈夫ですかとの

  確認も ありました。おそらく、フランスのオステオパシーの学校

  はみんな同じだと思います。
  
  エステティックの仕事をしていたので、ボディマッサージ実習等

 で人前に体をさらすのはある程度なれていますが、それは女性の

 みの 場合。最初は、ビキニとか水着じゃダメなのかしら?と思いま

 したが、実技の授業では、技術者役になったり、モデル役になった

 りめまぐるしく変わるので、すばやく着替えないと時間がもったいな

 い。しかも、フランス人は日本人ほど服を脱ぐことに抵抗がないらし

 く、若い女の子でもわりとあっけらかんとしている。特に、授業の

 はじめに講師がデモンストレーションをする際、モデル役の希望者

 を募る。これにすすんで、手を上げる女の子もいて驚いた。下着姿で

 教壇に立って40人以上の視線をあびるのは、私には無理。 105.png 
  

   
# by miyucat910 | 2010-08-13 20:39 | 実技の授業

実技の授業 (1)

1年目のオステオパシーのプログラムでは、理論の授業が50%で

実技の授業が50%。私達の学校は、他の学校に比べて実技の授

業時間が多いらしい。なので、この学校を選んだ生徒もたくさんい

る。実技の授業は1コマが2時間。1クラスは41名。(今年の1年生

は82名で2クラスある。)実技を学ぶには最適な人数とはいえない。

特に、講師が授業の最初に実技のデモンストレーションを行うが、

41名が1つのマツサージベットを囲んで見るので、見えにくい部分

もある。私達は、相モデルで技術を行い、実際に1度に20名がトレ

ーニングを行う。講師の他にアシスタント講師が1名サポートしてく

れる。なので、目が届かないことはないが、質問しても一人のとこ

ろに長居できないので、簡潔に済まされてしまうことが多い。こんな、

短所を補う為に一週間に1回1時間 20名での補修授業がある。この

授業はアシスタント講師が担当し、彼らが講師として、一人立ちする

ための訓練の場でもある。まだ、講師として独り立ちできてない分、

向上心がある人が多いので熱心に教えてくれる。講師との距離感も

ちょどよく、ささいな疑問や質問でも気軽にできるので、理想的な

授業。もう少し、このような機会が増えるとよいのですが。。。
# by miyucat910 | 2010-08-13 18:36 | 実技の授業

解剖学の参考書

解剖学を学ぶにあたっておすすめの参考書について。

まずは、KAMINA

解剖学の参考書_c0202508_151331.jpg


解剖学の参考書_c0202508_152069.jpg


こちらは、膝の関節部分の図ですが、カラフルで全体が

イメージしやすいです。この本は一冊に上肢・下肢が

まとめられています。

おすすめのポイントは、写真にはありませんが、神経・

動脈・静脈系統の図がとてもわかりやすいところです。

しかし、試験で出題される解剖デッサンは次にご紹介

するMichel Dufourの方が詳しく載っています。


解剖学の参考書_c0202508_213632.jpg
 

こちらは3巻に分かれており、上肢、下肢、胴体とあります。

膝の部分でKAMINAと比較すると。。。

解剖学の参考書_c0202508_243190.jpg


一部分をいろんな角度でデッサンしているので、構造が理解

しやすいです。そして、試験で出題される断面図も豊富に載っ

ています。

解剖学の参考書_c0202508_261831.jpg



私は前期にKAMINAを一冊購入しました。このときはまだ、

テストの出題傾向など何も知らなかったですが、クラスメイト

がMichel Dufourの断面図を数ページに渡って、スキャンをして

メールで送ってくれました。しかも、この参考書を持っていない

人の為に、クラス全員に宛てて。ちょっと感動しました。

参考書はKAMINAで70ユーロ、 Dufour3冊で100ユーロ

くらいだったと思います。学費の安いフランスでは、公立の大学の

年間の学費が300~500ユーロのところもあります。しかし、オス

テオパシー系の学校は年間で7600ユーロと高額。親に学費を出しても

らっている生徒には、高額な参考書を何冊も買うわけにはいきません。
# by miyucat910 | 2010-07-10 02:52

解剖デッサン

この図は何だと思いますか?

解剖デッサン_c0202508_0294455.jpg


一見、テリーヌのように見えますが・・・。

頚椎6番の断面図です。
 
解剖学の試験では、文章問題の他に、この種のデッサンが2つ出題されます。

デッサンには、いろいろな要素が凝縮されているので解剖学を明確に理解して

いないと描けないのです。解剖学の先生曰く「解剖学を学ぶには、デッサンで

覚えて文章化する癖をつけないと、膨大な量の文章は覚えられない。」とのこ

と。なので、解剖学の授業は、先生が説明しながらデッサンし、それを書き写す

形式で進められます。そして、最後に文章のみで描写された、膨大な資料を渡

されて、それを家で読む。この資料を読むのが私には一苦労。専門用語と解剖

学的な表現が多いので、ところどころに日本語訳を書き込みます。フランス人の

友人が私の資料をのぞき込んでひっくり返りそうになりました。

そう、勉強にそれくらい時間がかかります。
# by miyucat910 | 2010-07-10 01:38 | オステオパシー

1年間のプログラム終了

かなり久しぶりの更新になってしまいました。008.gif008.gif008.gif

先週、学年末テストが終わり、1年間のプログラムが終了しました。

これで1年?と思うほどあっという間でした。クリスマス休暇、イース

ター休暇、テスト休みなど合計で1ヶ月程のバカンスもあったので、学

んだのは実質7ヶ月。この短期間に詰め込み的な授業で、学ぶ側とし

ては、不満もありました。特に重要な部分とそうでない部分の時間配分

などあまり考慮されていなかったので残念でした。

学校での出来事は、書きたいことがたくさんあるので、これから少しず

つ更新していきます。
# by miyucat910 | 2010-06-13 20:15 | オステオパシー