人気ブログランキング |

2009年9月、パリでオステオパシーを学び始めます。フランス語での授業など不安で一杯の学校生活とパリの日常を綴ります。


by miyucat910

シャンゼリゼ

シャンゼリゼ通りのキャビネに通うようになって珍しいシャンゼリゼの様子を目にするようになりました。

シャンゼリゼ_c0202508_01285007.jpg

これは、歩行者天国のシャンゼリゼ。
日曜日に急患の方がいて、キャビネを開けた日のこと。
地下鉄のジョルジュ・サンク駅が歩行車天国で閉鎖になって不便だったけど、この大通りを車を気にせず横切るのは気持ちいい。

シャンゼリゼ_c0202508_01285031.jpg

そして、これは車禁止の日のショット。公害が深刻なパリの対策。
# by miyucat910 | 2017-02-25 01:14

子供の治療

最近、子供の患者さんを診る機会が増えました。スポーツをしたり、ダンスをしたり
アクティブな子供たちは怪我が絶えない。
子供の治療は30分を超えてくると、子供の集中力がなくなり、もそもそ動き出す。
そんな時、同僚のパスカルは親の前でも容赦なく叱っている。さすが、3児の母は強い。
私は、親の前、やましておじいちゃん・おばあちゃんが2人も付き添いできている前では、叱れない。。。
そして、なめられる。
そして、子供はたまに嘘をつく。
治療後に、痛みはどう?と聞くと
もう、全然痛くない。
えっ、100%痛みがすぐに消える?
しかも、炎症しているのに。。。

子供の治療_c0202508_23053111.jpg












# by miyucat910 | 2017-02-23 22:24

乳ガンは突然に。

去年の春に乳ガンの診断を受けて以来、ブログをお休みしていました。

両親ともに、早い時期にガンで亡くなっているので自分もいずれなるかも

しれない覚悟はあったのですが。。。

診断を受けた時は、ちょっと早過ぎ。もう、お迎えが来ちゃったの?

なんてことが頭をよぎりました。

医療関係の仕事をしている親友から、「ショックかもしれないけど、

今は、ガンは普通の病気だよ。」と言われ、この世の終わりのように

思っていた考えが、スパッと抜けました。

現在は、手術も放射線治療も無事に終わって、ガンとさよならしました。

今後、再会しないように新たに自分を見つめ直しています。

治療中もお仕事は、普通にしていましたが、何も訊かずに温かく見守って

下さった方々には心から感謝しています。

2017年もどうぞよろしくお願い致します。













# by miyucat910 | 2017-01-08 22:27 | 健康と美容
この度、オステオパシーの治療院を開設しました。
場所は華やかなシャンゼリ通りですが、喧騒の奥に
こんなレトロで静かな場所があったのかと思うほど
心地のいい空間です。

まずは、外観からご紹介します。

オステオパシー治療院 (キャビネ)開設_c0202508_14191928.jpg


シャンゼリゼ通りの中程で、ジョルジュ・サンク駅と
フランクリンルーズベルト駅の間にあります。

オステオパシー治療院 (キャビネ)開設_c0202508_14294633.jpg


ここが建物の入り口です。中を進むとすぐにスターバックスがあり、
左手に上階へ昇る入口があります。

オステオパシー治療院 (キャビネ)開設_c0202508_14365813.jpg




オステオパシー治療院 (キャビネ)開設_c0202508_14413429.jpg

オステオパシー治療院 (キャビネ)開設_c0202508_14394827.jpg





ここからレトロ感が漂う空間。
オステオパシー治療院 (キャビネ)開設_c0202508_14445766.jpg

オステオパシー治療院 (キャビネ)開設_c0202508_14461186.jpg














ここでは、オステオパシーの治療や美容矯正を
やっています。オステオパシーにもいろいろ
な技術がありますが、私はメカニカル・リンク
というメソッドを軸に治療を行っています。
詳しい内容については、少しずつ書いていき
たいと思います。

住所: 78 avenue des Champs-Elysées 75008 Paris
# by miyucat910 | 2016-03-23 14:57

病院での治療

6月から3ヶ月に渡って、パリ郊外の病院でオステオパシーの治療を

させてもらった。循環器系疾患の方を対象にオステオパシーの技術

の臨床例を論文にする後輩のお手伝い。

彼女のお兄さんが循環器系のお医者さんなので、病院で治療をする

機会が得られた。

主な治療の目的は、呼吸を楽にすること。具体的には胸郭の可動域の

制限や横隔膜の緊張、仙腸関節の動き、脊柱から頭蓋骨までの緊張を

ゆるめる。その結果、血色がよくなったり、明らかに胸のあたりが軽

くなったなど患者さんが実感する効果があった。

その後、血圧や、心拍数の変化など数値の変化を見る。

とてもいい経験になったが、病院での治療は、1日の終わりにぐったり

疲れる。どこかで、エネルギーをチャージせねば。。。007.gif
# by miyucat910 | 2015-09-11 06:13 | オステオパシー