人気ブログランキング |

2009年9月、パリでオステオパシーを学び始めます。フランス語での授業など不安で一杯の学校生活とパリの日常を綴ります。


by miyucat910

オステオパシーセミナー

今週は、3日間オステオパシーのプロ向けセミナーに参加した。

今回の技術には前から興味があり、半年以上前に申し込みをして

とても楽しみにしていた。

まず、はじめに講師の先生から、この技術は半年間の治療の効果

ではなく、1年も2年も効果を持続させる技術です。と説明があった。

彼女は25年以上もこの技術のみを使って治療効果を出してきた

この技術のスペシャリスト。

まずは、検査から治療までをデモンストレーションして

下さった。そのスピードと的確さに周囲が唖然としていた。

まさに上級プロフェッショナル。感激した。

こんな出会いがあったことが、心から嬉しかった。

次回は3ヶ月後。

セミナーの後に仲間とカフェへ。

クラスメイトだったポールは卒業後、パリのデカルト大学で解剖学の

デイプロマコースを取っている。

終わりがない人はけっこういるもんだ。

オステオパシーセミナー_c0202508_9273499.jpg

# by miyucat910 | 2015-02-28 09:27 | オステオパシー

一難去って、また一難

やっとオステオパシーの学校が終わったかと思いきや、週末は

ナチュロパシー(自然療法)の学校に通うことにした。

ナチュロパシーとは栄養学 (食事やサプリメント)、植物療法、

アロマセラピーなどの自然療法で、薬に頼らず人間本来が持つ

自然治癒力を引き出して、症状を改善する。また、予防医学的

に健康で長生きできる身体づくりをアドバイスする。

オステオパシーは手技療法。手を加えてもらえば症状は改善する。

施術を終えた患者さんが、よく言うことは、家でできることは何か

ありますか。これから何に気をつけたらいいんですか?などなど。

身体の症状には、何か必ず原因があるはず。

治りにくい腱鞘炎、関節症、関節炎、ある種の偏頭痛など、体が

酸性に偏ることで起こる。また、現代人に多い慢性疲労も食べ物

で改善できる。

今まで、ある程度健康に関して知っているつもりでいたがプロ向け

専門家の講義は内容が充実している。

土日の9時~18時の長い時間があっという間に過ぎてしまう。

でも、これから2年間、毎週土日が埋まっているということは。。。

デートもできない。😥😥😥

あなた、人生のベクトルを誤っていませんか???

と、自問自答するこの頃。

一難去って、また一難_c0202508_6253556.jpg


写真は講義が行なわれている建物の中庭。パリの中心とは思えない静寂
# by miyucat910 | 2014-10-23 06:26 | 健康と美容

資格の登録

5年間の学校生活にもピリオド。

オステオパシー資格を取得して最初にすることは、医療従事者

として登録。そして職業IDをもらうこと。

念願だった赤ちゃんの治療セミナー申し込みにも、このIDが必要

なので、取り急ぎ申請に行きました。

パリの管轄事務所は19区にあり、普段あまり行かない地域。なので

交通手段を電話で問い合わせてみる。最寄りの地下鉄から現地

までシャトル便 (navette)で行くのが一番わかりやすい方法らしい。


さて、最寄りの地下鉄の駅を降りて、あたりを見回した。でも、バス

らしものが見当たらない。不安になって近くにいた人に聞いてみると、

「100メートル先の階段を下ると、川べりに船着場があって、そこから

船に乗って行きます。」

Navetteって船だったの!015.gif

Navetteの意味はシャトル便。バスとばかり思い込んでいました。007.gif

ということで、船を待つこと10分。

資格の登録_c0202508_7264623.jpg


恐ろしくゆっくりな船に揺られて5分くらい。

やっと事務所にたどり着きました。

事務処理を担当して下さった方に「毎日、船に揺られて通勤しているん

ですか?」

と尋ねると。「そうですよ。陸路もありますが。。。」

通勤に船は調子狂うなぁ。なんて思いながら帰り道を歩いていると

横断歩道を渡ってきた中学生の男子4-5人がすごい勢いで、

中国語で私に向かって、言いたい放題言っている。

私が無表情できょとんとしていたら、彼らは拍子抜けした

感じで去っていった。

それにしても、どうして中国語なのかな。学校で習っていて

使ってみたかったのか?

そんなに賢そうには見えなかったけど。

きっと中国語人の女性だったら、凄い勢いで反撃してくる

だろうし、それを面白がっているのかもしれない。

ひさしぶりに、子供にからかわれた。037.gif
# by miyucat910 | 2014-10-16 08:03 | オステオパシー
日曜日に、調べ物でポンピドーセンターの図書館へ

ポンピドーセンターの図書館_c0202508_6435221.jpg


しかし、あまりの行列に断念。やはり日曜日は避けた方がいいらしい。

ポンピドーセンターの図書館_c0202508_6462811.jpg


月曜日の今日は、待たずに入れた。

この図書館は何度も来たことがあるのに、

はじめて気づいた自動販売機。

ポンピドーセンターの図書館_c0202508_6533327.jpg


ポンピドーセンターの厳選3種

1. 手指消毒のジェル
2. 蛍光ペン
3. 耳栓
# by miyucat910 | 2014-09-30 06:57

Micronutrition (分子栄養学)

先日、初めて分子栄養学のセミナーに参加。今回のテーマは

" La micronutrition du cerveau " セロトニン、ドパーミン、

ノルアドレナリンなどの神経伝達物質の合成のメカニズムと

それをサポートするビタミンやミネラルについて。

そして、不眠症、記憶障害、うつ病、アルツハイマーと分子

栄養学の関係を7時間でざっと学びました。
Micronutrition (分子栄養学)_c0202508_7162195.jpg



私が参加したのは、薬剤師、栄養士、医師などの医療関係者

対象のセミナー。なので、私にはレベルが高かったかも?

と不安を抱えつつ聞いていました。

午前中の講義が終わると、セミナー会場の中庭にランチが

用意されてました。5-6人のグループに分かれて円卓を囲んでランチ。

それぞれのテーブルに赤ワインのボトルが用意されているのがフランス

らしい。午後の講義大丈夫?

料理はサラダ系のシンプルなメニューでしたがオリジナリティあり。

シェフが料理の説明に各テーブルを廻ってくれました。すみれの花の

ペーストとトマトのサラダに始まり、卵や牛乳不使用のデザートまで

満喫。お酒が入ると会話も弾んで、個々に簡単な自己紹介。私のテー

ブルは薬剤師さんが多く、薬局の裏事情に花が咲きました。

天気も良く、中庭でのひと時はちょつとしたサプライズでした。

それにしても、今回のセミナーの主催者は完璧なまでに用意周到

でした。フランスでもこんなことがあるんだ。。。 (失礼😥)

話は主題に戻り、今回の講師はDenis Richéさん。スポーツ選手

の栄養カウンセリングで有名です。

最新本の "分子栄養学と繊維筋痛症" を購入。オステオパス

としては興味深い内容でした。



Micronutrition (分子栄養学)_c0202508_7322954.jpg

# by miyucat910 | 2014-09-27 07:33