人気ブログランキング |

2009年9月、パリでオステオパシーを学び始めます。フランス語での授業など不安で一杯の学校生活とパリの日常を綴ります。


by miyucat910

治療研修

今月まで、学校のクリニック以外に2カ所で治療を行ってきた。

毎週月曜日は、ministère du sport といって政府のスポーツ機関。

ここで働く公務員の方々の治療を担当している。

治療研修_c0202508_0304836.jpg


治療には監督がマンツーマンでつく。とても恵まれた環境にある。

監督とは、すでにオステオパシーの資格を取得した卒業生がアル

バイトで雇われて、治療の監視とアドバイスをしてくれる。

もう一つの治療は、スポーツ施設。

ここは、毎週火曜日にクラスメイトのジュスティンと2人で治療。

治療研修_c0202508_051367.jpg
治療研修_c0202508_0502674.jpg


お互いがどんな治療をするのかを、観察できて刺激になる環境。

そして、患者さんは若いスポーツマンが多いので禁忌事項が

少ない。幅広いテクニックが使えるのもここのメリット。

しかし、治療研修は課外活動なので17:00〜21:00の間。

毎朝8:30から授業が始まるので、時間的な拘束がしんどい。

仕事もしたいし。。。これ以上課外活動の時間を増やすのは難しい。

その結果、私は治療実習時間が70時間ほど不足していた。


なので、夏休みも学校のクリニックで治療に励むことに。。。008.gif
# by miyucat910 | 2013-07-01 00:58 | オステオパシー

卒業論文の準備

論文の輪郭がだいたい決まってきたが、論文を監修してくれる

オステオパスを探さなければならない。

私は、ずっと美容の分野で仕事をしてきたので、やはり美容には

こだわっていきたい。フランスでオステオパシーを美容の分野に

取り入れている例はとても少ない。論文のテーマを友達に話すと

ちょっと鼻で笑われる感じだ。

論文の担当講師に相談したら、美容の分野の技術開発をしたオス

テオパスがいるので、施術を受けて彼女に頼んでみるのもひとつ

の方法だとアドバイスを受けた。

彼女は30年以上の経験があり、経歴もしっかりしているので

監修者としての条件は満たしているからね。

そこで、早速予約をとって施術を受けてみた。

卒業論文の準備_c0202508_16362039.jpg


治療院はパリの中心地にあり、かなりしっかりした建物の中に

ある。今回は、フェイスリフトの技術をお願いした。日本で美容

矯正の施術は何度も受けたことがあるので、フランスではどんな

ことをするのかとても興味があった。

実際には、顔の反射区の刺激、筋肉のマッサージ、内蔵の刺激

などわずか25分ほどの施術。そして100ユーロ。確かにリ

フティング効果あり。一回目の施術で多くのことは語れないが。。。

でも、時間的な満足に欠ける感じもあった。オステオパシーの

治療的な見解からは、治療にかける時間イコール結果ではない。

むしろ、時間をかけすぎない方が効果が高い場合も多い。

でも、これが美容よりだと少し優雅にやってもらいたい感があ

るかな。

施術が終わって、手短に論文について監修を依頼した。しかし、

彼女も開発した技術を文章化してくれる人が必要だそうだ。「技術

の監修ならできるけど、私は論文は得意じゃないわ。」と断られて

しまった。007.gif

これとは別に、彼女は子供の治療にも評価が高い。(ネットでの評判)

治療室には、たくさんの子供の絵が飾ってあった。

「治療に興味があったら、5年生なら研修生を受け入れるわよ。興味が

あったら来年、連絡ください。」といってくれた。

001.gif
# by miyucat910 | 2013-06-02 17:16 | オステオパシー

赤ちゃんの治療 1

臨月だった友達が、産婦人科で紹介されたオステオパシーの先生に

治療を受けていた。その友達が、私のことを先生に話してくれて

赤ちゃんの治療を見学することができた。治療を見学させてくれる

先生は少ない。先生も、友達に感謝だね。と言って親切に治療を説

明してくれた。

1回目は、生まれて1ヶ月半の双子の赤ちゃんの治療。2人とも

3kg以上の元気な赤ちゃん。でも、一人は夜泣きが激しい。

診察室に入ってくる時から大泣きだったが、先生が手を触れて

体の緊張を緩めていくと、すぐに泣き止み穏やかな顔になって

いく。赤ちゃんは骨盤内での頭の圧迫や、出産時の圧力で後頭骨

と第一頸椎の間で血管や神経を圧迫している傾向にある。

軽度なら成長過程で自然に正常な位置になることもあるが、それ

まで夜泣きが続く場合は、親も体力を消耗してしまう。オステオ

パシーで改善されるのであれば、是非お勧めしたい。
# by miyucat910 | 2013-05-27 06:36 | オステオパシー

論文の準備

4年生も半ば、そろそろ5年生で課題の卒論の準備をしなければ。。。

テーマはいくつか頭に浮かんでいるが、まだ決めかねている。

昨日は、医学図書館に登録して資料などの検索方法を教わった。

建物はクラッシックでパリらしい。

論文の準備_c0202508_1634420.jpg


論文の準備_c0202508_163516.jpg


でも、入退館のシステムもかなりマニュアル。

入館証を受付で出すと、それと引き換えに番号札の入った袋を

受け取る。退館の時は、その袋を受付の人に渡して入館証を返

してもらう。このカードの出し入れのために一人員が必要だ。

でも、これがフランス流。

論文の準備_c0202508_16425758.jpg


最近、私の授業ノートはipadを使用している。自動チェック

機能があるのでスペルのミスは少なくなったが、微妙な言葉

のニュアンスで聞き違い、勘違いがあるらしい。

友達曰く、フランス語はフランス人ですら難しい言語だから

しかたないけど。。。

でも、私のノートを見ると笑いが止まらないらしい。

これで、論文が書けるのかな???
# by miyucat910 | 2013-03-22 16:52 | オステオパシー
学校で実技の練習をする度に、みんなが私の肩はコンクリート

のように固いという。先生までもが、自分のからだもケアしな

きゃ。とアドバイスする。でも、私の肩は子供の頃からこんな

感じ。友達がふざけて肩を軽く押すだけでもとても痛かったの

を覚えている。

大人になってからは、ヨガ、ピラテス、呼吸法、カリスマと言

われる人のエクササイズ、整体、指圧、マッサージなど、いろ

いろ試した。上手い人がいると聞けば、遠くでも、予約が何ヶ

月先でも待って施術を受けたが、肩だけは、ほぐれることはな

かった。でも、いろいろ試したことに満足して、自分では改善

されたつもりでいた。


しかしながら、客観的にはあまりいい状態ではないらしい。

フランスの穏やかな生活でかなりリラックスしているつもりだっ

たのに。


最近、オステオパシーの治療研修で筋肉の頑固な凝り、それが

引き起こす様々な症状は、精神的なものということがわかって

きた。う〜ん。これは、


精神カウンセリング?


インナーチャイルドを癒す?


ヒプノセラピー(催眠療法)?


精神カウンセリングはすでに体験済み。

フランスでは精神カウンセリングはとても一般的で対人関係の

悩みや、自身の悩みなど聞いてもらって精神的なサポートをし

てもらっている人は多い。

私も、2回ほどカウンセリングを受けだが、もともと心の深い

部分を他人に話すような性格でもない。専門家にそれを引き出す

特別なテクニックでもあるのかなぁ?と期待したが。。。

そうでもなかった。

ふんふんと話を受け身で、聞いてくれるだけだった。

おまけに、2回目なのに1回目に話したことも覚えておらず

また、同じことを話すはめになり2回目のカウンセリングの

意味を見いだせず終わったままだった。

そんな時、精神的なショックや、無意識に自分が背負って

いる精神的なストレスを開放してくれるオステオパットが

いると聞いて予約を入れてみた。この続きは、次回。。。

http://osteoparis.exblog.jp/20680301/
# by miyucat910 | 2013-03-03 01:31 | オステオパシー