人気ブログランキング |

2009年9月、パリでオステオパシーを学び始めます。フランス語での授業など不安で一杯の学校生活とパリの日常を綴ります。


by miyucat910

タグ:オステオパシー ( 15 ) タグの人気記事


気がつくと、1年以上も更新してなかった😅。

オステオパシーの治療に関して、書くことが重く感じられたここ1年。

今振り返ると、精神的にもどっと疲れる治療の仕事になれるまでの

適応期間だったのだと思う。。。

私が使っているオステオパシーの手法、メカニカル.・リンク。

オステオパシーの学校の5年間では学べないので、プロ向けセミナー

の受講を地道に重ねて来た。 そして、去年はこの手法の生みの親で

あるポール・ショーフルさんの治療院を訪ねて治療をして頂いた。

引退される前に、この方の手の感触を刻んでおきたいと思ったから。

メカニカル・リンクの父 ポール・ショーフルさん_c0202508_11224075.jpeg
この写真はリヨン郊外にあるポールさんの治療院にて。

引退される2週間前。

いろいろなアドバイスを頂いて、これからの治療の励みになりました。

















by miyucat910 | 2019-01-04 11:40 | オステオパシー

乳ガンは突然に。

去年の春に乳ガンの診断を受けて以来、ブログをお休みしていました。

両親ともに、早い時期にガンで亡くなっているので自分もいずれなるかも

しれない覚悟はあったのですが。。。

診断を受けた時は、ちょっと早過ぎ。もう、お迎えが来ちゃったの?

なんてことが頭をよぎりました。

医療関係の仕事をしている親友から、「ショックかもしれないけど、

今は、ガンは普通の病気だよ。」と言われ、この世の終わりのように

思っていた考えが、スパッと抜けました。

現在は、手術も放射線治療も無事に終わって、ガンとさよならしました。

今後、再会しないように新たに自分を見つめ直しています。

治療中もお仕事は、普通にしていましたが、何も訊かずに温かく見守って

下さった方々には心から感謝しています。

2017年もどうぞよろしくお願い致します。













by miyucat910 | 2017-01-08 22:27 | 健康と美容
この度、オステオパシーの治療院を開設しました。
場所は華やかなシャンゼリ通りですが、喧騒の奥に
こんなレトロで静かな場所があったのかと思うほど
心地のいい空間です。

まずは、外観からご紹介します。

オステオパシー治療院 (キャビネ)開設_c0202508_14191928.jpg


シャンゼリゼ通りの中程で、ジョルジュ・サンク駅と
フランクリンルーズベルト駅の間にあります。

オステオパシー治療院 (キャビネ)開設_c0202508_14294633.jpg


ここが建物の入り口です。中を進むとすぐにスターバックスがあり、
左手に上階へ昇る入口があります。

オステオパシー治療院 (キャビネ)開設_c0202508_14365813.jpg




オステオパシー治療院 (キャビネ)開設_c0202508_14413429.jpg

オステオパシー治療院 (キャビネ)開設_c0202508_14394827.jpg





ここからレトロ感が漂う空間。
オステオパシー治療院 (キャビネ)開設_c0202508_14445766.jpg

オステオパシー治療院 (キャビネ)開設_c0202508_14461186.jpg














ここでは、オステオパシーの治療や美容矯正を
やっています。オステオパシーにもいろいろ
な技術がありますが、私はメカニカル・リンク
というメソッドを軸に治療を行っています。
詳しい内容については、少しずつ書いていき
たいと思います。

住所: 78 avenue des Champs-Elysées 75008 Paris
by miyucat910 | 2016-03-23 14:57

一難去って、また一難

やっとオステオパシーの学校が終わったかと思いきや、週末は

ナチュロパシー(自然療法)の学校に通うことにした。

ナチュロパシーとは栄養学 (食事やサプリメント)、植物療法、

アロマセラピーなどの自然療法で、薬に頼らず人間本来が持つ

自然治癒力を引き出して、症状を改善する。また、予防医学的

に健康で長生きできる身体づくりをアドバイスする。

オステオパシーは手技療法。手を加えてもらえば症状は改善する。

施術を終えた患者さんが、よく言うことは、家でできることは何か

ありますか。これから何に気をつけたらいいんですか?などなど。

身体の症状には、何か必ず原因があるはず。

治りにくい腱鞘炎、関節症、関節炎、ある種の偏頭痛など、体が

酸性に偏ることで起こる。また、現代人に多い慢性疲労も食べ物

で改善できる。

今まで、ある程度健康に関して知っているつもりでいたがプロ向け

専門家の講義は内容が充実している。

土日の9時~18時の長い時間があっという間に過ぎてしまう。

でも、これから2年間、毎週土日が埋まっているということは。。。

デートもできない。😥😥😥

あなた、人生のベクトルを誤っていませんか???

と、自問自答するこの頃。

一難去って、また一難_c0202508_6253556.jpg


写真は講義が行なわれている建物の中庭。パリの中心とは思えない静寂
by miyucat910 | 2014-10-23 06:26 | 健康と美容

Micronutrition (分子栄養学)

先日、初めて分子栄養学のセミナーに参加。今回のテーマは

" La micronutrition du cerveau " セロトニン、ドパーミン、

ノルアドレナリンなどの神経伝達物質の合成のメカニズムと

それをサポートするビタミンやミネラルについて。

そして、不眠症、記憶障害、うつ病、アルツハイマーと分子

栄養学の関係を7時間でざっと学びました。
Micronutrition (分子栄養学)_c0202508_7162195.jpg



私が参加したのは、薬剤師、栄養士、医師などの医療関係者

対象のセミナー。なので、私にはレベルが高かったかも?

と不安を抱えつつ聞いていました。

午前中の講義が終わると、セミナー会場の中庭にランチが

用意されてました。5-6人のグループに分かれて円卓を囲んでランチ。

それぞれのテーブルに赤ワインのボトルが用意されているのがフランス

らしい。午後の講義大丈夫?

料理はサラダ系のシンプルなメニューでしたがオリジナリティあり。

シェフが料理の説明に各テーブルを廻ってくれました。すみれの花の

ペーストとトマトのサラダに始まり、卵や牛乳不使用のデザートまで

満喫。お酒が入ると会話も弾んで、個々に簡単な自己紹介。私のテー

ブルは薬剤師さんが多く、薬局の裏事情に花が咲きました。

天気も良く、中庭でのひと時はちょつとしたサプライズでした。

それにしても、今回のセミナーの主催者は完璧なまでに用意周到

でした。フランスでもこんなことがあるんだ。。。 (失礼😥)

話は主題に戻り、今回の講師はDenis Richéさん。スポーツ選手

の栄養カウンセリングで有名です。

最新本の "分子栄養学と繊維筋痛症" を購入。オステオパス

としては興味深い内容でした。



Micronutrition (分子栄養学)_c0202508_7322954.jpg

by miyucat910 | 2014-09-27 07:33
この話題は http://osteoparis.exblog.jp/19532224/ のつづき

です。今年2月に治療の予約をいれて2ヶ月待ち。4月にやっと診

てもらうことができました。知人の治療体験談だけを頼りにこの先生

に行き着いたのですが、実はオステオパットとしては有名な方でした。

こんな本も出版されています。

筋肉の凝りと精神的なストレス、ショック 2_c0202508_19412037.jpg


4月に始まり、3週間に1回の頻度で、合計5回の施術を受けました。

その内容をとても簡潔ではありますが、お伝えします。

一回目の治療


私の場合、子供の頃から肩こりだったこと。マッサージや運動では

飛躍的な改善が見られないので、精神面のアプローチをお願いしま

した。先生は、幼少期から起きた家族との関わり合いを原因と疑い

ました。

まず最初は、先生が私の後頭部に手を当てて、家族ひとりひとりを

頭に思い浮べて下さいと言いました。

両親から、兄弟、父方、母方の祖父母までひとりひとり思い浮か

べます。そして、頭部の触診で反応のある人物を特定します。

次に、この人物との感情の関係をリセットしていきます。具体的

には、その人に対する感情を心の中で吐き出します。それと同時に

先生が、頭に当てた手の圧力を微妙に調整していきます。この時に

普段は思い出せないような昔の出来事が、写真をスクロールするよ

うに鮮明に次から次へと浮かんできました。

ここまでの流れだと、スピリチュアル的な療法にもとれる。

でも、先生は医師の資格もある。似ていてもそんなことは言え

ない。これもオステオパシーなのかと感心した。

この日は、頭を触っただけだが診察室を出るときには腰がふん

わりと軽くなっている。そして歩くときには、仙腸関節の滑り

がとても滑らかなのを感じた。さらに翌日には、腰の動きと連動

したせいか、肩甲骨の滑りもよくなっていた。続きは次回へ
by miyucat910 | 2013-08-30 22:28 | オステオパシー
学校で実技の練習をする度に、みんなが私の肩はコンクリート

のように固いという。先生までもが、自分のからだもケアしな

きゃ。とアドバイスする。でも、私の肩は子供の頃からこんな

感じ。友達がふざけて肩を軽く押すだけでもとても痛かったの

を覚えている。

大人になってからは、ヨガ、ピラテス、呼吸法、カリスマと言

われる人のエクササイズ、整体、指圧、マッサージなど、いろ

いろ試した。上手い人がいると聞けば、遠くでも、予約が何ヶ

月先でも待って施術を受けたが、肩だけは、ほぐれることはな

かった。でも、いろいろ試したことに満足して、自分では改善

されたつもりでいた。


しかしながら、客観的にはあまりいい状態ではないらしい。

フランスの穏やかな生活でかなりリラックスしているつもりだっ

たのに。


最近、オステオパシーの治療研修で筋肉の頑固な凝り、それが

引き起こす様々な症状は、精神的なものということがわかって

きた。う〜ん。これは、


精神カウンセリング?


インナーチャイルドを癒す?


ヒプノセラピー(催眠療法)?


精神カウンセリングはすでに体験済み。

フランスでは精神カウンセリングはとても一般的で対人関係の

悩みや、自身の悩みなど聞いてもらって精神的なサポートをし

てもらっている人は多い。

私も、2回ほどカウンセリングを受けだが、もともと心の深い

部分を他人に話すような性格でもない。専門家にそれを引き出す

特別なテクニックでもあるのかなぁ?と期待したが。。。

そうでもなかった。

ふんふんと話を受け身で、聞いてくれるだけだった。

おまけに、2回目なのに1回目に話したことも覚えておらず

また、同じことを話すはめになり2回目のカウンセリングの

意味を見いだせず終わったままだった。

そんな時、精神的なショックや、無意識に自分が背負って

いる精神的なストレスを開放してくれるオステオパットが

いると聞いて予約を入れてみた。この続きは、次回。。。

http://osteoparis.exblog.jp/20680301/
by miyucat910 | 2013-03-03 01:31 | オステオパシー

治療開始

9月から、4年生に進級してようやく治療をはじめることができた。
ここまでの道のりはほんとうに長かった。
3年間もの間、理論の習得に苦しんだ日々。
技術の授業はあるものの二十代の同級生を相手に、技術
練習。二十代の若い体では、痛みに悩むこともなければ
ストレスレベルもさほどない。習ったテクニックが有効なの
か実感のないまま今日まで。

学校付属のクリニックで、治療を開始してからやっと、楽し
いと思えるようになってきた。

治療開始_c0202508_1757302.jpg


クリニックでは、10個室の治療室があり、常時10人の
治療師(4年生と5年生の生徒)が待機。そして、10人
の見学者(3年生)と講師1一人がいる。

通常、一般のオステパスの治療は、60ユーロから100
ユーロくらい。学校付属のクリニックでは、年間75ユーロ
で何度でも治療を受けられる。技術レベルは、高くなくても
ちょっとした痛みでは、成果が上がっているので好評。


患者の80パーセント以上は60歳以上。そのほとんどは
腰痛に悩む方々。治療は一回につき最大45分の時間枠。
その中で、問診、検査、治療の流れで行っていく。
検査とは、痛みのパターンや、症状から原因を見つけるた
めの触診。ひとつひとつ関節を動かしなから、見つけていく。
私の場合、ミリ単位の違いを手の感覚で感じ取るのが一番
の難関。この検査の正確さが当面の課題です。
治療のテクニックは時間的には、平均15分ほど。
この点については、後日話題にしますが、正確で必要な
情報のみを脳に送ることが、重要。いろいろやりすぎると
脳への情報が混乱して治療効果が上がらないのだ。
by miyucat910 | 2012-12-02 18:25 | オステオパシー

腰痛とオステオパシー

引っ越しをしたばかりの友人宅で、ディナーに招かれた時の事。

話題は腰痛。私がオステオパシーの勉強をしているというと

初対面のSさんは、いいね。といってくれた。

彼女は、腰痛で辛い思いをしたらしく、オステオパシーで

治してもらった経験があったのだ。

テクニックに興味がある私は、どんな治療だったか覚えてる?

と尋ねると、”それがね。 おしりの穴。。。”

すると、男性陣からざわめきの声。

私は、”ああ、そのテクニックね。尾骨の歪みには、短時間で

効果が高いからね。”

でも、医療行為だから医師免許がないとできないテク。

彼女のオステオパットはお医者さんの資格をもった方。

でも、一般の人が聞いたら、おしりの穴とはびっくりするよね。

彼女も、最初はびっくりして治療を受けず、”少し、考えさせて

ください”といったそう。でも、腰痛がつらいのでお願いしたら

とても楽になってよかったと経験談を語ってくれました。

腰痛、生理痛、子宮内膜症、不妊などの場合、肛門や膣から

直接アクセスするテクニックがあります。しかし、医療行為

なので、医師免許のない場合は、禁止されています。

そこで、一般のオステオパットは、外側からできるテクニック

を使います。外側とはいえ、普段は他人に触られたことのな

い場所に触れるから、患者が異性の場合には、説明不足だと

セクハラで訴訟になった例も。。。
by miyucat910 | 2012-02-11 13:51 | オステオパシー

壊れた足首

実技試験に向けて、クラスメイトと自宅で技術の練習を

していた。元ダンサーだったクラスメイトのホセは、身体の

動きを分析するのが得意なので、とてもいいアドバイス

をくれる。なので、クラスメイトから練習のパートナーとし

ひっぱりだこ。この日は足首のテクニックを練習していた。

普段はとても優しい人だが、練習には厳しいところもあり

うまくできないと、鬼コーチ化する。以前テレビで見た

蜷川幸雄みたいに。”ちがう、そうじゃない!”

”もっと力をいれて、もっと強く〜” ”構造をよく考えろ!”

といいながら足首の模型を手にしてかなり興奮していた。

私は、”むかつく”と思いながらも、言われたとおりに

やっていた。そのとき、壊れた。 

これが、患者さんなら取り返しつかないぞ〜!021.gif

壊れた足首_c0202508_21194717.jpg

by miyucat910 | 2011-06-03 21:24